So-net無料ブログ作成
検索選択

kaetenx

振り込め詐欺、2日で5人被害 「妊娠させた」と電話 静岡県 [事件]

県内で5月に入り、家人の息子をかたる振り込め詐欺の被害に歯止めが掛からない。22~23日には富士宮、静岡富士の各市の女性5人から県警に相次いで届けがあり、総額1750万円の被害が出た。

いずれも「妊娠トラブル」の示談金名目で現金をだまし取る手口。県警は「『妊娠させた』は詐欺」と強調し、注意を呼び掛けている。

 富士宮市の無職女性(66)が22日に1050万円の被害を届けたケースは、息子を装った男の声で事前に複数回電話があった後、相手が「人妻を妊娠させた。

慰謝料がかかる」と切り出してきた。話を信じ込んだ女性は、市内の現金自動預払機(ATM)から指定された口座に数回に分けて金を振り込み、だまし取られた。


 同様の手口は以前からあったが、県内では5月に入って被害が急増している。1~15日にも、沼津、三島、掛川の各市で7件、総額949万円の被害が確認された。

 犯行グループはATMからの振り込み、レターパックや宅配便での送金、手渡しなどで現金を受け取る。

被害者が冷静になる暇を与えず、せかすのが特徴。振込先は息子ではなく、他人名義の口座を指定する。

 県警は詐欺を見破るキーワードに「携帯電話の番号が変わった」「風邪で声が変」「示談金・賠償金がすぐに必要」などを挙げる。被害事例の多くで、事前にこうした内容の不審電話があったという。

 不審電話は4月下旬から、県東部、中部地区を中心に続いている。被害者の中には振り込め詐欺の実態を知っていた人もいた。県警の担当者は「誰もが対象になり得る。

人ごとだと考えないでほしい」と話している。

静岡新聞社

@S[アットエス] by 静岡新聞 5月25日(日)7時51分配信
Copyright © とれんどマサの最新ニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。